心臓病に関する情報サイト

心臓病とは

心臓病とは、心臓弁膜症、心内膜炎、狭心症、心筋梗塞などの病名で呼ばれるもので、心臓に栄養を補給する冠動脈が狭くなったり、詰まる、心臓自身の力が弱まる、などの病気の総称です。
心臓の機能障害が生命にとって重要な意味をもつことは古代ギリシア時代より知られていましたが、心臓病の存在が正確に認識されたのは屍体(したい)解剖が行われるようになった1500年ころ以降のことです。

その後、1628年にはハーベーが血液循環における心臓の役割を明確にし、また17世紀から18世紀にかけては心臓構造物(壁や弁、血管など)の欠損や形態学的な異常が次々と発見されました。しかし、これらの心臓病の生前診断が可能となったのは1819年にラエネクが聴診器を発明してからのことであり、その後1895年のレントゲンによるX線の発見、1903年のアイントホーフェンによる心電計の開発により心臓病の診断はいっそう正確となりました。

現在ではラジオ・アイソトープ検査法、超音波心エコー法、心臓カテーテル検査などにより、ほとんどの心疾患は正確に診断できるようになりました。
心臓病の分類に関しては、20世紀初めにマッケンジーが、心不全や不整脈など機能障害と考えられる疾患の概念を導入することにより体系化されました。現在では病因により、・先天性心疾患・リウマチ性心疾患・梅毒性心疾患・高血圧性心疾患、などのように分類されています。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

4大危険因子

心臓病には4大危険因子とよばれるものがあります。4大危険因子とは高脂血症(高コレステロール血症)、高血圧、喫煙、糖尿病です。これにストレスと肥満が追加される場合もあります。これらは直接心臓病につながるというよりは、冠動脈硬化を起こす危険性があるというものです。冠動脈硬化を起こすと心臓病に直結するのです。これらを改善するためには、生活習慣を見直す必要があります。
「高脂血症」脂肪分の多い食事をしていると、血中の脂肪数値や中性脂肪が高くなり、血管の内側に余分な脂肪がついて血流を悪くします。LDLコレステロール値が高いとさらに危険度は増します。 「高血圧」塩分の高い食事をしていると、水分を血管に多く引き込むことになり、血管内圧を上昇させ、心臓に負担をかけてしまいます。
「喫煙」喫煙習慣があると、動脈の中に余分な脂肪がつき、血管が狭窄を起こし、血栓の出来る可能性も高くなり、いずれ血管が詰まってしまいます。体に十分な酸素が行渡らなくなり、心拍数を増やしますので、心臓に負担がかかり、不整脈の原因にもなります。「糖尿病」糖尿病は、動脈硬化を引き起こす危険因子ということはよく知られています。様々な合併症も引き起こしますので、体重と血糖値の管理をしっかりと行い、少しでも危険を少なくするために、食事療法、薬物療法をちゃんと行わなければいけません。

 

食生活と心臓病

戦後の日本の食事の内容も生活も、昭和40年ごろより大きく変化をし始めてきました。主食のご飯が減り、肉類などの動物性食品を多く食べるようになり、炭水化物の摂取量を低下させて、動物性の脂肪やたんぱく質の摂取量を大きく増加させるようになりました。
動脈硬化を防いで、心臓病にかかりにくくするのには、血液中の脂肪が増えすぎないようにしなければなりません。肉類などの動物性脂肪には、動脈硬化の主犯とされているコレステロールだけでなく、血液中のコレステロール濃度を上昇させる作用を持つ、飽和脂肪酸が多く含まれています。魚に含まれる脂肪は、多価不飽和脂肪酸が多く含まれていますので、動物性食品でありながら、脂肪の分類では、植物性脂肪の側に入ります。特に、鰯や鯖には、イコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸といった多価不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。これらは、血液中のこれステロールや、中性脂肪の濃度を低下させる働きが強く、しかも、動脈硬化を促進させるとされているLDL−コレステロールだけが少なくなるという特徴があるので、心臓病の予防にはうってつけです。また、食生活の欧米化に伴って減ってきているのが、植物繊維の摂取量です。植物繊維は、腸の中のコレステロールから作られた胆汁酸を吸着して対外に排出してしまいますので、コレステロールの濃度を低下させるのに大きな作用をしています。