ドラッグストアがお届けする4大危険因子ついて解説するサイト

4大危険因子

心臓病には4大危険因子とよばれるものがあります。4大危険因子とは高脂血症(高コレステロール血症)、高血圧、喫煙、糖尿病です。これにストレスと肥満が追加される場合もあります。これらは直接心臓病につながるというよりは、冠動脈硬化を起こす危険性があるというものです。冠動脈硬化を起こすと心臓病に直結するのです。これらを改善するためには、生活習慣を見直す必要があります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

「高脂血症」脂肪分の多い食事をしていると、血中の脂肪数値や中性脂肪が高くなり、血管の内側に余分な脂肪がついて血流を悪くします。LDLコレステロール値が高いとさらに危険度は増します。 「高血圧」塩分の高い食事をしていると、水分を血管に多く引き込むことになり、血管内圧を上昇させ、心臓に負担をかけてしまいます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

「喫煙」喫煙習慣があると、動脈の中に余分な脂肪がつき、血管が狭窄を起こし、血栓の出来る可能性も高くなり、いずれ血管が詰まってしまいます。体に十分な酸素が行渡らなくなり、心拍数を増やしますので、心臓に負担がかかり、不整脈の原因にもなります。「糖尿病」糖尿病は、動脈硬化を引き起こす危険因子ということはよく知られています。様々な合併症も引き起こしますので、体重と血糖値の管理をしっかりと行い、少しでも危険を少なくするために、食事療法、薬物療法をちゃんと行わなければいけません。

 

薬剤師 転職