ドラッグストアがお届けする心不全ついて解説するサイト

心不全について

70年代は、ポンプ機能の障害ととらえられ、それを改善する強心薬や血管拡張薬が治療の中心でした。そして80年代以降、心不全は神経体液系の疾患と考えられるようになりました。

 

現在では、交感神経活性の亢進や神経体液系のレニン・アルドステロン系の亢進が心不全の増悪因子であることが明らかにされ、治療の中心となってきています。

 

心不全は、左心室と右心室のどちらかのはたらきが主に低下するかによって、左心不全と、右心不全に分類することができます。

 

左心不全では左心室から血液を送り出すはたらきが悪くなるので、その手前に位置する左心房や肺静脈に血液の停滞が起こります。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

肺にうっ血が起こると、吸い込んだ酸素が肺から血液中に十分入っていかないため、血液中の酸素濃度が低下して呼吸困難がおきます。

 

右心不全では、右心室の手前に位置する右心房や、全身から心臓へ戻る静脈にうっ血が起こります。そのため、むくみや、腹部膨満感がみられます。

 

薬剤師 求人