ドラッグストアがお届けする食生活との関連ついて解説するサイト

食生活と心臓病

戦後の日本の食事の内容も生活も、昭和40年ごろより大きく変化をし始めてきました。主食のご飯が減り、肉類などの動物性食品を多く食べるようになり、炭水化物の摂取量を低下させて、動物性の脂肪やたんぱく質の摂取量を大きく増加させるようになりました。
動脈硬化を防いで、心臓病にかかりにくくするのには、血液中の脂肪が増えすぎないようにしなければなりません。肉類などの動物性脂肪には、動脈硬化の主犯とされているコレステロールだけでなく、血液中のコレステロール濃度を上昇させる作用を持つ、飽和脂肪酸が多く含まれています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

魚に含まれる脂肪は、多価不飽和脂肪酸が多く含まれていますので、動物性食品でありながら、脂肪の分類では、植物性脂肪の側に入ります。特に、鰯や鯖には、イコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸といった多価不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。これらは、血液中のこれステロールや、中性脂肪の濃度を低下させる働きが強く、しかも、動脈硬化を促進させるとされているLDL−コレステロールだけが少なくなるという特徴があるので、心臓病の予防にはうってつけです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

また、食生活の欧米化に伴って減ってきているのが、植物繊維の摂取量です。植物繊維は、腸の中のコレステロールから作られた胆汁酸を吸着して対外に排出してしまいますので、コレステロールの濃度を低下させるのに大きな作用をしています。

 

薬局