ドラッグストアがお届けする心筋梗塞ついて解説するサイト

心筋梗塞

心筋梗塞(心筋梗塞症)とは、心臓にある動脈の「冠動脈(かんどうみゃく)」に異常が起こることで血液の流れが止まってしまい、心 臓の細胞に血液が行き渡らなくなることで、心臓の筋肉(心筋)の細胞が死んでしまう状態のことです。
冠動脈とは、心臓の表面をおおうように走っている血管のことです。心臓の細胞に酸素や栄養を送っている血管です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

血管の血液の流れが止まってしまう原因は、血管の中に「血栓」と呼ばれる血液のかたまりができて、それが詰まってしまうからです。血管の中に血栓ができる原因は、「動脈硬化」が進んで血管の内部が狭くなったり、血管の内側の壁にでこぼこができて血液の流れが悪くなることで、血液が固まりやすくなるので血栓が出来やすくなるからです。心臓の血管である冠動脈がふさがれてしまい、心筋梗塞の状態になると、ふさがった先の血管には血液が流れないので、その血管から酸素や栄養分をもらっている細胞は死んでしまいます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

心筋梗塞がはじまってからだいたい20分ぐらいで細胞が壊死し始め、40分ぐらいで心筋が壊死してしまいます。血流が止まっている時間が長ければ長いほど心臓の細胞の壊死が広がってしまいます。心筋梗塞により心臓の細胞が死んでいくと心臓の働きが悪くなります。細胞の壊死の範囲が小さい場合は「不整脈」 など、大きい場合は「心不全」になることもあるので、とても危険です。

 

ドラッグストア